老後資金の準備と強制的な貯蓄の必要性

高齢化社会になり、これからどう生きていけば良いかを悩んだり、迷ってりしますが、準備ということでは、すべきことやできる事は単純です。老後資金をどう準備し、健康を維持し、生き甲斐を持つかということが中心になるからです。

その中でも重要なのが老後資金で、これがないと生きてはいけないということになります。そして、具体的にはどうするかということですが、これも簡単でできるだけ長い期間老後の資金を貯蓄して積み立てていくということがいちばん有効な方法です。

若い頃は、きっと大きなチャンスがあり、誰かが助けてくれたりして、老後資金などは簡単に作ることができるので、心配はないと考えます。しかし、世の中を見てみると、お金持ちになる人たちはごくわずかで、貧富の差も広がってきています。

大金を得られるというチャンスは、長い人生では1度や2度はやってくるかもしれません。しかし、それを掴むことができるかどうかはわからず、また難しいということになります。そうなると地道に積み上げていく年金や預金などが重要になります。

とくに天引きのように強制的に安全に積みあがる積立預金や年金などが非常に効果があることがわかります。それらを基礎にチャンスはその土台の上に捕まえるようにします。