初めてのTCK、念願の×××××

大半の皆さんは今日(すでに昨日)山の日からお盆休みが始まったのでは。道路はどこも混んでるようですが、いかがお過ごしでしょうか? 

私はと言えば、今日は宿題もせずに午後ゆっくりめに自宅を出発、都内に出てきました。

目的地は初めてのTCKこと大井競馬場。基本公営ギャンブルにも手を出したことがないため、競馬場としてもWINSを含めて3回目の訪問です(最初はバイトの仲間と石和のWINSに行楽、2回目は響鬼さんのぬいぐるみをさがして府中に。ちなみにそのぬいぐるみはJRAの管轄ではなかったので府中では入手できず、それこそTCKとかで買えたらしいのですが)。

で、実際にTCKに行った感想は、…「楽しい!」

きれいだし人も多いし、売店もたくさんあって美味しそうないいにおいがいっぱいしてるし、昔石和や府中に行ったときに見かけた本気な感じのおっちゃんとかもほとんどいないし(いや、もちろん競馬新聞と赤ペンデフォルトで持ってる人はいっぱいいるんですけど、そんな人たちもあまり必死な感じではないし)。子連れも多いし明るい感じなうえ、レースのときの盛り上がりもけっこう雰囲気を高揚させてくれます。

なので馬券売り場もきれいなフロアが多いし、こんな昔ながらのちょっと地味めなフロアでも、そんなに怪しさはないし、いいにおいが充満してて腹が減ってきますw。

メインゲートのところにはハイセイコー銅像もあるし、パドックっていうのもサーキットのやつしか知らなかったので、ホンモノを初めて見ましたw。

で、レースもホントに馬が美しい。そして速い! 最終コーナーで見ていると間近を駆け抜け、鞭の入る音が聞こえます!

天気があまりよくなかったので重馬場で、後続に呑まれると泥だらけになってしまうのですが、それさえも美しい。

そしてトゥインクルレースなので後半は暗くなってからのレースになりましたが、これまた雰囲気もいいのです。

でも、スローシャッター狙ってはみたものの、マジ難しかったですけどね。おまけに最後のレース(といってもメインのレースまで見ずに帰ってきましたが)の前までメインで使ってた300mmのIS切れてるのに気づかなかったし…。どうりで歩留まり悪いはずだし…。

さて、そんなTCKに何しに行ったのかといえば、これだ!!

 

キュウレンジャーショー! アトラク久しぶりぃ〜。

シシレッドとカメレオングリーン、カジキイエロー、オオカミブルーにヘビツカイシルバーの5人だけだったけど、最後は「きゅーきゅーたーま♪」のキュータマダンシングで〆めてくれたし。

        

というのは冗談で、先々週行なわれた相馬野馬追のスペシャル企画、甲冑競馬が17時過ぎからあったのです。Pナッツさんがアチラで告知してくださり知ったのですが、なかなか本家を見に行くことができず、この機会にぜひ! ということで。

進行は1720時ごろからグランドスタンド前で始まり、幟旗の立ち並ぶなかで関係者のご挨拶と説明があるのですが、それによれば大井で甲冑競馬をやるのはもう22回目だとか。

        

馬も騎手も地方競馬のOB(馬はOG)らしいのですが、今回は8頭が出走。最初は兜を着けて登場、観客の前を走ります。

        

        

そして民謡『相馬流れ山』のあと、兜を脱いで白鉢巻で疾走。幟旗が風にたなびく音がこれまたすごくて、ものすごい迫力なのですが、スピードもすごく旗が折れてしまうほど。騎手も馬も相当大変だと思います。

いや〜、ホントに壮観です! 眼福です! カッコよかった! ISの確認を怠っていなければ、もうちょっと撮れてたかもしれないと思うと悔しくて悔しくて…。

そしてメインビルには甲冑競馬用の甲冑と鞍も展示されていまして、福島の物産も売っていました。

 

私も馬券も買わず食事もせずのケチケチ観戦でしたが、野馬追関連のグッズはいくつか購入させていただきました。蹄鉄とひょうたんを組み合わせた置物も売っていてお手頃価格でカッコよかったんですが、買っても間違いなく置き場所に困るので、今回は断念。で、1,000円以上のお買い物で相馬の野菜をプレゼント、ということで、ミニトマトまでいただいてしまいました。相馬の皆さん、ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

そしてそして、なんかタイフードのフェアとかもやってて、相馬のオネイサンとともに、こんな艶っぽいタイの民族舞踊なんかも見ることができたという、ウマからキュウレンジャーからてんこ盛りの半日でした。