共通認識は難しいでも事実認識がないと混乱しか生まない

共通認識は難しい

でも事実認識がないと混乱しか生まない。

昨日の記事で書いた、もし一般人に広報して、

理解出来た。信じる。でも私達に何が出来るの?

私ならどう答えるか。

名前を知って下さい。

になります。

小さいことですが、

それがステップ1だからだと思うからです。

これを聞いて、

だから知ってもらうために広報をやっている。

と思われる被害者が大半かと思います。

でもまずは、

余計な証明出来ないような情報はいらないのです。

もちろん余計とは、現段階では余計ということです。

あなたが一般人だとして、

今日、

ギャングストーキングというテロ犯罪があります。

某宗教団体がやっています。勧誘にはお気をつけ下さい。

明日、

ギャングストーキングというというテロ犯罪があります。

日本政府、およびNewWorldOrderがやっています。

そして、あさってのチラシには、

さらに違うことが書かれている。

あなたは一般人だったらどう反応しますか?

共通認識は難しいです。被害者それぞれ被害が違います。

これも加害側の意図だと思いますが

事実認識とはなにか?

このテロ犯罪は存在してたくさんの被害者がいるという事実。

じゃその事実のみ広報するのが最初のステップだと思います。なぜならば他は証明できないから。

証拠のない断定は、混乱を生むだけです。

そして混乱は、不信と不審しか生みません。

だから証拠のない広報というのは、通常の広報とは次元が違うのです。

そこを理解しないといけないと思う。

我は水俣病患者みたいな見えるモノを広報しているのではありません。

もっと不利な、見えない証拠の無いテロ犯罪の犠牲者なのです。我は見えています。必死でそれを訴えています。

私もチラシくばりは数回やりました。

でも一般人は見えないのです。

それを常に心がけないと、被害者主点になると思う。

残念ながら、

今出来る一般人に対する最初のステップは名前を知ってもらう以外ないと思います。だってそれ以外、証拠ないでしょ。

ごちゃごちゃ書いても読まないだろうし、翌日には違う事が書かれているチラシが入るかもしれません。そうすると不審感と混乱しか生みません。

そういう状態では広報の意味がないと思います。

そういうことが言いたかったのです。

共通認識は持てない。

でも事実認識は持つべきと私は主張しています。

事実認識の範囲での広報しかやるべきではないと私は思う。