扇子や本番用の布が入った箱を見ては急ぎ来る若者

自分は今飲み屋の飯を作る所に居ては娘と笑い合いながら話しているのさ、今日はあの娘が練習の日だから、私が担当し強く言おうかっ

自分は先程から首を振っており駄目だい駄目だいっ

途中自分はそこから出ては言い娘も出ては片手を口元に持っていき笑う、やがて自分と娘は階段の前の部屋に向かいあいつとあの娘らはまだ支度しているのかなぁあっ来るさ来るさっ

そう言いお互い部屋に入っては自分は若者を見ては練習用の着物を見てすっごいなぁ〜っっ

あの娘らもさ、あの着物を来て凄くなっているからなアンタッ

そう若者が言い自分は押し入れから扇子や本番用の布が入った箱を出しながらではそれに合わせて豪華なやつ選ぶかいっなんだいアンタッ

途中急ぎ若者が来てはその箱を壁の方へと持っていき置く、辞めな辞めなアンタゆっくり取りなっ

若者は娘を見ては先にこれも準備しなければなっ

自分は笑いこらえ娘のところに行き3人の娘が部屋に入りながら若者に言う事を聞き娘を抱きしめる、娘は離しアンタは笑っているのにそれを隠そうとしてっ

自分は笑ってしまいながらすまぬすまぬ、隠さぬっ

そう言いもう1人の娘がこちらに来るのを見ては拍手をする、扇子や本番用の布が入った箱を見ては急ぎ来る若者はその娘に抱きつきからかいその娘は笑いながら嫌がりまたもう1人の娘を笑わせている、自分は来たその娘を見ては今日もお礼言うんだぞっ

お菓子を貰うからねっ女房さんなんかもっとお礼言わなければねっあの豪華なお菓子の作り方を教えてもらうんだからねっ

そうもう1人の娘は笑い言い娘はその娘を軽く叩き言うに決まっているだろっ?

そう言い笑う、よしっ踊りの練習の時間はまだまだだからあの娘が来るのを待っているかい。

はい今日も舞の乱咲かせます

今詩を考え書きました題名は扇子や本番用の布が入った箱を見ては急ぎ来る若者です