自分を見つけられる場所

先日、ポコさん

しんのすけさんの奥さま。ポコさんブログが見つけられず、しんのすけさんブログをリンク

が、こんな記事をFBでシェアされていました

なぜ妻に口ごたえすると痛い目に遭うのか

なぜ妻に口ごたえすると痛い目に遭うのか

養老孟司先生と、土屋賢司さんという哲学者さんのミニ対談なんですけど、面白かったです

妻の立場からしたら、もはや笑っちゃうしかないタイトルなんですけど

自分の体験談を交えて書くと、

対談の中に

刃向かったり、反論したりすると、そのことご彼女の記憶のアーカイブのなかにきちんと保存される。

こっちはすぐ忘れちゃうけど向こうは全部覚えている

記憶は感情に結びついている。

強い感情に結びついた記憶は10年たっても残る

って、あるように

何かあった時に感じ切られなかった感情とか

表現しきらなかったものって

やっぱり心身のどこかに残ってるんですよねー。

それが、ほんのささいなきっかけ

この対談でいうなら、夫からの反論や刃向かうような言動

が引き金になって

まさにそのまま芋づる式に出てくる感じ。

ねっ!

ここで、反論とか刃向かうっていうのは

それそのものも含めて

アドバイスとかちょっと落ち着こうよとか、なんか諸そういうの、

つまり別に直接的に、反論でも刃向かう言葉でもないものでも

反論や刃向かうに含まれちゃう。

こっちとしても別に長引かせたいわけではないほんとにしね、

相手男性側への要求としては

止めようとしないでください。

あー出てきてるんだね。って、ただ受け入れてください。

でしたよね。この辺りの記事参照

ほんとにそれが一番最小限になる気がするなぁ。

そこを抑えようとすると、何か

新たな怒りがフンガーって出てくる感じ。

言葉にすると私を受け入れて大切にしてなんだと思うです

鐘が鳴り始めちゃったら、感情が出始めたら

鳴り止むまで鳴ってるねーって、

生暖かくでも受け入れてもらいたい。

それが、私が大切にされてるになる

きっと本当は、

相手や周囲に、何を言われてもどういう態度を取られても

気にせずに

自分が自分を受け入れて、

表現できたり

自分に気づいてあげられたら

それでいいんだと思うんですけれど

最初は、相手に受け入れてほしい、

好きな人だから余計に、みたいな気持ちってあるよねーと思うのです。

まぁ、それをスネっていうんだろうし

私はそれをずっと続けていたくはないと思うから

自分なりにしたいことをしたりしていますが。

で!、今回思ったことがあるんですよ。

私にとってのヤンやん氏の、何よりの大きさは

安心して不安になれるだったり

安心して自分を出して、そして気づかなかった自分に気づける

なんじゃない?と。

つまり、タイトルに書いた

自分を見つけられる場所

の、ひとつなんだなって。

それも、とても大きな。

だからパートナーなんだろうなと思う

安心してフンガーってなって、

その後自分を振り返って自分に気づける。

なんかそういう場を作ってくれてる存在なんです、ヤンやん氏って。

きっと誰かに作ってもらわなくても、

自分でそういう場は作っていけるのだと思います。

だから相手がいてもいなくても実際は大丈夫なの。

だけど私は甘えたがりで

一緒に私を見てくれる人がほしかったのかもなって。

私というそのまんま、こんなに、

いわゆる世間一般的にはダメなところがいっぱいある

そんな私を余すところなく見てくれて、

それでも一緒にいてくれる人を

もしかしたら熱望していたのかもしれないなって。

そしてヤンやん氏は、そういう人だったのだなって。

俺が一緒にいなかったら、他に、ひな私を見れる人なんて、いないでしょ

なんかそんなこと言っちゃう、もの好きな、でもとっても男前な人。

そういえば家事も料理も苦手なのーって、でもそれで幸せにしてる女性って、こういう男性と一緒にいるんだよねー。

いるんだよねこういう男性って。

そしてきっとどんな男性でも、こんな風になる可能性はあるんだと思う

そういえば、私がこうして自己開示して

このブログ書きだしたのも

私みたいな、こんなダメダメな人間でも

好きだって言ってくれる人はいるんだもん。

こんな人でもこんなパートナーと一緒になれてるんだから、私は大丈夫だって、少しでも思ってもらえたら

っていうのもあったなぁ。

そのまんまありのままについては

折良く岡田哲也さんがタイムリーに

こんな記事を再アップされていたのでリンク

いっぱいいっぱい

ヤンやん氏に甘えてきて

たまゆらという、自分を知るには多分最高の場所に来て

気づけたことがいっぱいあって

それが変えようと決めれば変えられることなのか

それとも悩んでも仕方ないようなことなのか

質問できる人りょうすけさんもいて

本当に豊かな場にいるなぁ、としみじみ。

少し前から、また次の段階?に、

強制的になってきているようなので

のんびりしてたら体から強制信号がきたー

自分で自分を満たすこと、

これからも続けていきます

メニュー一覧お申込お問合せカード決済用お申込

Facebookメッセージまたはdunek7gmailcomを半角に変えてくださいでも承っております

小中賀子イベント情報

ほっとする、軽くなる感じるさろん

日時毎月第3水曜土曜13-15時

ご希望の日時で、1名様より、個別のお話も可能です。お気軽にお問合せください

あなたのこころの声を聴き、こころと気持ちを解放する。本音をひらき、心をひらく。

場所長崎県東彼杵町中岳郷東そのぎロハスの郷たまゆらサロン

ご参加費初回2時間まで2000円、2回目以降3000円

お申込みこちらの専用フォームからどうぞ

夫婦でブログしていますヤンやん氏夫ブログ妻がめんどくさい!でも大好きだ!